まるかん

まるっと韓国まるわかり

【超初心者向け】ハングル文字の基礎28音を超簡単に読み方も含めて教えます【ハングル講座1】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 こんにちは。まるっと韓国のまるかん(@marukan01)です 。

 

 

すでに世の中にはハングルを紹介する本やwebサイトなどが多数存在しております。

そしてそれらは大変便利でわかりやすく説明してあるものが多いです。

 

ですが、そのほとんどをよく見てみると読み方がやや複雑でやや専門的な表記になってしまっており、パッと見て簡単に覚えたいと思った時、超初心者にとってみては少し面倒くさそうに思えてしまいます。

 

そこで、まるかんではもっとシンプルに

まずはできるだけ日本語に当てはめていったん覚えてもらい、そこからだんだんステップアップしていくように進んでいってほしいと考えます。

 

ですので今回はハングルの基礎を超簡単に説明したいと思います。

 

f:id:marukan01:20171003224533j:plain



 

 

 

ハルグル子音14個

ㄱーが

ㄴーな

ㄷーだ

ㄹーら

ㅁーま

ㅂーば

ㅅーさ

ㅇーあ

ㅈーじゃ

ㅊーちゃ

ㅋーか

ㅌーた

ㅍーぱ

ㅎーは

 

ハルグル母音10個

ㅏ ーあ

ㅑ ーや

ㅓ ーお

ㅕ ーよ

ㅗ ーお

ㅛ ーよ

ㅜ ーう

ㅠ ーゆ

ㅡ ーう

ㅣ ーい

 

上に戻る*

*こちらは後で使用します*

 

 

これで終了です。

あとハングル文字で覚えることは他に何もありません。

 

これら合わせて28個がハングルの基礎となります。

 

まさにこれらを組み合わせて今日の全ての韓国語が出来上がっています。

 

日本語で言うひらがな・カタカナのようなものですね。

50音と言われる日本語のひらがな・カタカナは濁音なども全て合わせて212個もあると言われてもいますし、

常用漢字なども合わせると約3000文字必要だと言われています。

(これには諸説あるとは思いますが)

 

 

それに比べたら簡単ですね。

日本語を覚えた皆さんであれば当然覚えられるはずです!

 

 

まるかんからの提案

 

  1. 右に振ってあるひらがな、「がなだら…」と続く文字をまずは上から読んでみましょう。
  2. 「がなだら…」を読みながら左の列のハングル文字がどんな形かだけなんとなく頭に入れておけばOKです。
  3. これを2・3回だけ繰り返してください(上記の上に戻る*を使用してください)

 

早速上に戻ってやってみましょう。

一度やったら今日はこれで終了です。ハングルの勉強お疲れ様でした。

 

 

最後に

正直これらの基礎は大変重要です(当たり前ですが)

 

が、しかし

まずはこの段階を完璧に頭に入れようとはしないでください。

 

 

さらっと流して、

ヘェ〜こんな感じなんだ〜簡単そう〜

って思えたら実はもう第1ステップクリアです!

 

 

次回はハングル第2ステップに移りたいと思います。

 

一緒に階段を上った先には韓国語ペラペラな世界が待っています。

ゆる〜く頑張りましょう!