まるかん

まるっと韓国まるわかり

韓国の珍味コブクソンを食べてみた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。まるっと韓国のまるかん(@marukan01)です 。 

 

 

ここ韓国では実に愉快な食べ物が数多く存在しております。

 

今日はその中でもユニークな食べ物、コブクソンを食べてみたいと思います。

 

 コブクソン

f:id:marukan01:20170928215844j:plain

 

これがコブクソンです。

 

f:id:marukan01:20170928220049j:plain

 

まずは一旦家に持って帰ってきました。

 

一つだけ切り離してみます。

 

 

f:id:marukan01:20170928220630j:plain

 

切り離せました。

 

では中を覗いてみます。

 

f:id:marukan01:20170928220821j:plain

 

破った感じはミチミチッとかベリッブチッみたいな音が出ます。

 

中には茹でタコみたいな身が入っていました。

 

食べてみます。

 

f:id:marukan01:20170928221306j:plain

 

味は…悪くないですね。

 

見たまま茹でたタコとか貝みたいな味と食感。

 

歯ごたえとしては柔らかいけど程よい弾力があります。

 

一つの大きさ自体はアサリくらいですが、身はアサリよりも少ない感覚です。

 

お酒と相性良さそうな感じです。

 

f:id:marukan01:20170928221805j:plain

 

食べ終わったコブクソンの中身。

 

ビニールとかサランラップみたいなものが土台になっていますね。

 

何なんでしょうか?不思議です。

こちらは食べられませんでした。

 

 

 

まとめとコブクソンについて

 

コブクソンは

韓国語で거북손と書きます。

 

거북을 닮았다 (にそっくりだ)

 

といい、亀の手のような姿形のことからこの名前がつきました。

 

フジツボ類だそうです。

 

このコブクソンの他にも、亀の足・うちわの手・黒い手・宝殺などと地方によって呼び名が多少変わるようです。

 

特に宝殺に至っては、仏教でいう極楽浄土を意味し、その昔は海の中に極楽浄土を意味する竜宮があり、ウミガメを人の世と竜宮をつなぐ使者と考えていたそうです。

 

まさに浦島太郎ですね!!!

 

韓国にも浦島太郎のような迷信があったんですね。仏教徒も存在しますのでそこからの伝承なのでしょう。

 

しかし、実際の浦島太郎のような物語・童話は韓国には無いように思います。

 

f:id:marukan01:20170928225126j:image

 画像は海の中のコブクソン

 

 

ごちそうさまでした。