まるかん

まるっと韓国まるわかり

『自慢の冷蔵庫が小さかったことに心底落ち込んだ話』

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。まるっと韓国のまるかん(@marukan01)です 。

 

 

 

世界基準。

 

とか

 

グローバル化。

 

とか

 

言われて、2020年オリンピックもあるし、世界から外国人がいっぱい来るんだ!

 

とか何となく思っていて、

 

かといってそれに対して今自分が何をしたらいいかも特に考えはないし、

 

そんな用意とか特に必要ないでしょって思う気持ちもわかります。

 

 

 

しかし世界の国々と日本の違いって具体的にどんなのがあるのかわからない。

 

わからないと母国日本の強みも弱みも見つけられないんですよね。

 

『井の中の蛙』になってしまう

 

 

 

そこで今回は

私が日本を離れて見てわかった事の一つ

 

 

 

日本の冷蔵庫って小さかったんだって事。

 

についてお話ししたいと思います。

 

 

 (ちなみに冷蔵庫は韓国語で냉장고(ネンジャンゴ)という)

日本での生活で不便だったこと

f:id:marukan01:20170904232334j:plain

 

 

これは何もわたしが貧しい生活をしていて1つドアしかない冷蔵庫を使っていたとかそういう事ではありません。

 

冷蔵庫に関してはパナソニックの500リットルというどちらかというと大型の冷蔵庫を使用しておりました。

 

ずぼらなので、出来るだけ収納し、冷凍しておく事で買い物に行く回数を減らしたかったんですよね…。

 

 

 

それでも500リットルの冷蔵庫とはいえ、やはり大きな鍋なんかはすっぽりと冷蔵庫に入りきりませんでしたし、

 

冷凍庫に関しては、食料の入れすぎもあり無理やり押し込んで戸を閉める。

 

キチンと閉まらなければ閉めた上からさらに押す!押してみる。

まさにそんな感じでした、、

 

 

でも日本に住んでいれば、それに対し何も思う事はなく、

 

 

まぁそんなもんだろうと思っていました。

 

 

 

しかしひそかな欲求としては

 

先述した鍋をそのまま入れたいなって時とか、

 

家族が出来て冷蔵保存しておくべき食料も増えたとか、

 

先日の果物の話では無いですが、

 

  • 果物を箱買いした時
  • 実家から段ボールで大量に食料が送られて来た時
  • 地震などのもしもの時に備えておきたい)

 

などの急な事態に一回一回冷蔵庫を整理整頓するなどごめんでしたし、

 

 

狭い横仕切りの奥の方に潜んでいるタッパーを探しだすように、

 

もはや

冷蔵庫に頭を突っ込むようにしてこねくり回す

 

事は出来ればしたくなかったのですね。

 

 

できるなら、余裕のある冷蔵庫の使い方がしたい。。。

 

…でも買い物の回数も少なく済ませたいという我が儘もある。

 

 

そんなことを思いながら

じゃあそのためにどうすればいいのかという具体的な案も浮かんではいなかったのです。

 

 

なぜ日本の冷蔵庫は小さいのか

f:id:marukan01:20170904231536j:plain

 

 

さて、ではなぜ日本の冷蔵庫は小さいのか。

 

これに関してはまるかんは、

 

メーカーの規格・サイズというより、

 

家の作りが問題であると考えます。

 

つまり

パナソニックや東芝などをはじめとした大企業メーカーも大衆を狙った商品を作ったり、利益が出る為の製造をする事が優先とされるでしょう。

大人数を雇ってもいますので当然利益は出さないといけません。

 

作ったけど売れなくて赤字が出るものを、または赤字になりそうな試算が出ているものに企業が積極的になるでしょうか?

 

中小企業が一発逆転を狙って特殊なものを製造し赤字覚悟で販売するならわからなくもありませんがそれでもリスクは考えるはずですし、

 

大きさという面でいけば、

  • 一般家庭のキッチンの広さ
  • 窓のフレームの大きさ(運び入れる際)
  • (運び入れる際に)通らなければならないエレベーターの大きさ

などを加味した上で設計、製造するべきでしょうし、

 

そうでなければ各家庭に合わない物が出来上がってしまいますので、それでは需要が限られてしまいます。

 

 

そう考えた時に先に

 

日本の家に問題があると。

 

 

家の規格が小さいから入るスペースがない、

となると当然それに見合った商品が作られ出回る為、

 

大きく出来ないんだなと。

 

 

 

        このエントリーをはてなブックマークに追加 ⬅︎自分もそう思うと思ったら

じゃあ韓国の冷蔵庫はどうなのか?

f:id:marukan01:20170904235309j:plain

 

韓国の冷蔵庫を製造しているメーカーは言わずもがな

  • LG
  • samsung

 

が主要メーカーです。

 

そしてサイズなのですが、

小さくても629リットル以上(それもほぼないですけど)

 

ほとんどは825リットル。

 

LG전자 : 양문형 | 냉장고 | 주방가전

(上のリンクLG電子の現在販売中の冷蔵庫一覧より参照)

 

ちなみに我が家は(画像汚くてすみません)

 

f:id:marukan01:20170904225802j:plain

 

赤線部分の836リットル。

 蛍光緑部分は順に幅・奥行き・高さを表しています。)

 

 

 日本の1.5倍かそれ以上はありそうですね。

 

 

 

 

いやいや 、でもさ

 

『でかいってことは消費電力もすごいんじゃないの?』

 

と即座に頭に浮かんだなら、それは賢いですね。

 

 

しかしですね、

 

f:id:marukan01:20170905000512j:plain

(これも見るに耐えなくてすみません)

 

赤線部分は一月の消費電力量

 蛍光緑部分は一年間の電力にかかる費用を表しています。)

 

一年に5600円ほど。

 

 

ちなみに日本は

enechange.jp

 

こちらによると

 

600リットルの冷蔵庫で

7965円(!!)

 

 

た、高い…

 

 

小さいのに高い…

 

電気代もかかっている上にあまり収納できない…

 

 

これには正直びっくりしました。

 

 

なんか日本にいて電化製品とか車とか普通に生活していれば、諸外国よりは諸々良いもの使っていた気にはなっていたのですが、

(もちろん品質は良いと思います)

 

 

これを知った時だけはショックでした。

 

 

『あぁ、自分が知らなかっただけだったんだな。』って

 

 

その他の国々の具体的な消費電力など詳しくはわかりませんが、

以前何各国か訪れた際にやはり日本は規格が小さく感じたことも記憶に残っています。

 

 

外国で暮らされている方、ご意見いただけると嬉しいです。

 

 

 

なおもしこの情報になるほどと思いましたら、ブックマークやシェアしていただけますと幸いです