まるかん

まるっと韓国まるわかり

LINEより断然カカオトーク!韓国のSNS事情

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちは。まるっと韓国のまるかんです。

 

 

韓国へ引っ越してきて、まず筆者が感じた事。それは連絡手段が俄然カカオトークになった!という事です。


日本ではLINEを当たり前の様に、もはやその他の連絡手段は使わないと言っても過言ではないくらいほぼLINE一本を使っておりました。

 

割合で言うとLINE・メール・その他を85:10:5くらいの割合で使用しておりました。

 

ここまでくるともう依存です。

 

周りのみんなが使っているし、ご存知の通り海外でもどこでも電波さえ繋がっていればいつでもリアルタイムで連絡がとれる。送った時の反応が早いですしね。

 

iPhoneでいう下の4つアイコンが入るメインアイコン欄に入れちゃってました。

 

 

 

 

しかし。

 

いざ韓国に住むようになった途端、今までの方程式が一気に崩れ去ったワケです。

 

いわゆるそのアイコンを移動する日がやって来たわけですね〜〜

 

お引っ越しです。

 

長押しし、ぷるぷる震えながら(アイコンが)今までの足を伸ばしてのびのび〜っとしたところから、上の集合住宅のような場所にポンッと。

 

代わりにカカオトークが入って来たワケですね〜。まさかの選手交代。戦力外通告。

 

まさかの事態にLINEもびっくりした事でしょう。

 

でももちろんまだ一軍(iPhone1ページ目)にLINEくんはいます。

 

しかしながら本題に移るのですが、なぜこんなにも韓国にはカカオトークが広まっているのでしょうか?

筆者としては1つに統一されてくれると助かるのですが…

どうなっているのか見ていきましょう。

 

 

 

LINEとカカオトークは昔からライバル関係?

 

f:id:marukan01:20171003225612j:plain

 

韓国では『カトック』と呼ばれ親しみのあるカカオトークですが、まずはLINEとの関係性から見てみたいと思います。

 

 

調べによると、

 

LINEの初版は2011年6月23日。

一方、カカオトークは2010年3月18日。

 

ん?カカオトークの方が1年ほど早くリリースされている?

これに関しては諸説ありそうですが、(誰か詳しい方教えてください)

この通りだとすると、カカオトークが1年先に知れ渡っていることになり、通常は利用者数は必然的に多くなるはずなのですが・・・

 

ここでもう一度今の現状をおさらいしてみましょう。

・LINE利用者数

・月間アクティブユーザー数:7,000万人以上(2017年12月期第2四半期決算説明会)

 

(※2016年公式資料では国内ユーザー数が記されており、6,800万人と紹介されていました)

 

・カカオトーク利用者数

月間アクティブユーザー数:4,930万人

韓国企業カカオ社が配信するメッセージアプリ

 

 

んー・・やはりLINEの方が利用者数でいうと多いのですね。

1年早くリリースされているにも関わらず利用者数2000万人もの開き・・・これはカカオトーク、どうしてしまったものでしょうか。

これは何か理由があるに違いない。 

 

 

 

 LINEはNAVERの子会社

f:id:marukan01:20170814234524j:plain

 

日本でここまで浸透しきっているLINEですが、実はあの韓国でNo.1検索サイトNAVERの子会社だったのですね。

ご存知でしたでしょうか?正直まるかんは知りませんでした。

 

つまりLINEも韓国の会社なわけです。

 

では一方カカオトークはどうなのでしょうか?

 

調べてみると、カカオトークも韓国の会社だそうです。

 

 

 

うーん……これにはまるかん、色々な裏がありそうな予感がしてきました。

 

というのも、当時まるかんもLINEとカカオトークどちらのアプリもダウンロードしていたのですが、これはまだみんながどっちのアプリを使うか定まっていなかったためにどちらもダウンロードしておいて、使う人によってLINEとカカオトーク使い分けていたのです。

 

え?それの何が裏なのかって?

つまりその当時はカカオトークもLINEも立ち位置的にはほぼ一緒で、それこそ1・2を争うようにしのぎを削っていたわけです。

しかしいつの間にかこれが『日本ではLINE』・『韓国ではカカオトーク』のように綺麗に市場が分担されているように感じるのです。

 

どちらも韓国の会社。検索サイトとしてはNAVERが韓国のメインとなっていてコミュニケーションツールまでもがその子会社のLINEとなれば韓国は独占市場となるが、市場の規模としては人口1億2700万人いる日本の方が人口5125万人の韓国に比べて明らかに規模が倍以上大きい。

つまり必然的に人口に比例してユーザーも多くなるって話なんですね。

 

これをどう市場分けしていくか。となった時に、韓国最大のポータルサイトNAVERが日本市場を抑えたのではないかと勝手に推測しております。(注:これはあくまで推測です)

 

もしそうならLINE・カカオトークそれぞれ国が分けられているのも少しは合点がいくようないかないような。

(単に日本のユーザーがLINEを気に入って、韓国のユーザーがカカオトークを気に入っただけかもしれません。)汗

 

 

とにかく、LINEもカカオトークもどちらも韓国の会社であった。

と覚えておいてくださいね。

 

 

 

カカオストーリーって何?

f:id:marukan01:20170816233914j:plain

 

カカオトークに連携しているアプリ、韓国では本当に様々な種類があります。

以前タクシーの話でも出たカカオタクシーから、カカオバンク、カカオマップなどなど韓国の方からするとこのアプリで色んな事がカカオシリーズで便利に解決出来ちゃうんですね。

 

 

そしてその中でもこのカカオストーリーは韓国版インスタグラムとでも言いましょうか、インスタグラムとツイッターとフェイスブックがギュッと1つになったようなソーシャルコミュニケーションツールで、韓国では多くの人がこのアプリを使っています。

 

使い方としては、自分の思い思いの写真を載せたり、写真にコメントしたり、シェアしたり、はたまた会社が物販を売るための広告としてつかったり…と、その用途は様々で、若者からおじいちゃんおばあちゃんまで幅広く使われていますね。(若年層優位)

 

日本でこれらのダウンロード可能かどうかはわかりませんが、留学や、もし韓国に住む予定がある方、韓国の方と会話の際など、このカカオストーリーの存在だけでも知っておかれるといいかと思います。

 

ちなみに韓国ではこのカカオストーリー、略して『カス』の名称で愛着をもたれています。
日本語で言うと変ですね笑

『愛着のあるカス』
なんだかいいやつだけどものすごく使えないアプリみたいな…笑

 

 こういったカカオトークの関連アプリが充実し、持っていると韓国国内では非常に便利な為、カカオトークユーザーが多いというのも1つの要因となっているんですね。

 

 

 

キャラクターが人気

 

 

カカオトークはトーク内で使われるキャラクター達が人気です。とにかくこのキャラクター達を韓国国内ではよく見かけます。

 

シールになっていたり、キーホルダーやスマホケース、ぬいぐるみ、ピアスなどのアクセサリーなどなど。お土産コーナーなど至る所で目にするでしょう。

 

バラエテイ番組などでもタレントがカカオキャラクターの動きを真似する場面なんかもあるくらい、その知名度は大きいです。

 

そして韓国では日本のようなご当地キャラをあまり見た事がありません。

その分こういったカカオキャラクター達はよく知られていますね。

 

補足ですが韓国では他に子供達におなじみのポロロタヨココモンなんかのキャラクターも同じく人気です。

ご存知なかった方は検索してみてくださいね。

 

 

まとめ

 

カカオトークは日本でいうところのLINE。その存在は知らず知らずに自然と韓国の中に溶け込んでいったようです。ほとんどの人がメインの連絡手段として使っています。

 

そして、LINE自体の存在は知っていたり、ダウンロードはしていても、ほぼ使っていなく、スマホの奥深くに眠ったアプリとなっています。

 

韓国の方と連絡を取る際はLINEは控えてカカオトークで連絡をする方が無難でしょう。

 

検索はNAVER、連絡はカカオトーク

 

が今の韓国のネットワーク事情のようですね。覚えておきましょう。

 

 

補足

(最近は検索にグーグルを使う若者が増えてきているとの事です。まるかんは随時最新の韓国情報を追いかけていきます)

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

カカオトーク- KakaoTalk
カカオトーク- KakaoTalk
開発元:Kakao Corp.
無料
posted with アプリーチ